「存在美容術」で生き方が変わる理由~自分が調和すれば、世界と調和する~

「存在美容術」~心と身体は繋がっている~

にも書いた通り、以前は心身ともに不調和が続いていました。


24歳で色彩心理学やアロマセラピーを本格的に学ぶうちに、

「心と身体は繋がっている」という事を思い出し、

永らく忘れていた自然療法だけでなく自分自身の心を人生に取り戻しました。


その結果、このように変わって行きました。


【身体・肌】

・PMSもなく、月経時の痛みも血の塊もなくなった

・寝付きが良くなり、眠りも深くなった

・心も穏やかで気持ちに余裕を持てるようになった

・赤ら顔が改善され肌の悩みがなくなった

・毛穴も引き締まりノーマル肌になった

・傷やケガは直ぐに治るようになった

・日焼けをしても3か月以内に元の白さに戻るようになった


など、自然治癒力が上がっていき身体も丈夫になりました。


40歳の今では多少の無理をしても元気で直ぐに回復します。

身体のコンディションが整っていくうち、メンタルにも変化が出てきました。


【メンタル】

・無駄な我慢ができなくなり、人に対して優しくなった

・「~であるべき」が減って、精神的に自由になれた

・仕事では「最上・最高のものを」というプロ意識は保ちながらも、

プライベートでは完璧主義やコントロールを手放せるようになった

・感情のアップダウンは、殆どなくなり、いつも穏やかでいられるようになった

・せっかちなのは変わらないが、相手のペースを尊重できるようになった


かつては、白黒はっきりつけないと気が済まないところがあったのですが、

基本、どっちでも良い

というスタンスになりました。


何よりも、完璧主義を手放せたことで

「思い通りにならない事へのイラつき」も無くなり

いつも最高最善を生きているから大丈夫

という安心感で満たされるようになり、

人間関係も変わってきました。


【人間関係】

・出会う人を信頼し、望まない人間関係に対してはきちんとNOを言えるようになった

(以前は、NOを言えないため利用されないように警戒していた)

・表面的な付き合いも、深い関わりも楽しめるようになった

・比較=勝ち負け ではなく 比較=それぞれの差異を認めるだけ というスタンスになった

・人に対して甘える、頼る、お願いする、が自然に出来るようになった

(以前はなんでも自力で頑張っていた)


以前は、表面上うまくやっているだけでしたが

現在は、肩の力が抜けて心から大切で大好きな人と

豊かで幸せな時間を過ごすことが出来るようになり、

人から大切にされる事も増えました。


このように文章にしてみると、すごい「魔法」みたいに感じますよね。

でも、これって「魔法」ではなく理にかなった当然の事なのです。


「存在美容術」では、美容術を通じて

自分自身を大切に扱い、自分の心と対話していきます。


自分のケアをしていくうちに、

自分の身体や心の限界も分かってきて

他人と自分は違う事も自然にわかるようになります。


他人と自分は違うから比べる必要もない

オンリーワンの存在であるという事が

実感できるようになります。


他人と自分を比べたり競ったりする必要がないから

周囲と調和して生きていく事ができますよ。


存在美容術の詳細はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000