身体に良くても、心が喜ばないなら、やめた方が良い。

「食事も変えた方が良いのでしょうか?」

「菜食やスムージーにした方が良いですか?」

「マクロビオティックとか、良いでしょうか?」


というご質問、本当によく頂きます。


私の答えは「好きなものを食べれば良い」です。


もし、胃腸が弱い、アレルギーがある、ドクターの指示など

健康上・宗教上の理由があるのならば自分に合った食事法を

するのが良いです  ―というか、して下さい。


菜食なりスムージーなりが好きで美味しいと感じるならば、

その食事をとれば良いと思います。


でも、本当は好きでない・・・むしろ嫌いなくらいで

特に健康上の問題がないのに「そうすべきだから」という理由

だけでするなら好きなものを美味しく頂く方が心が喜びますよね



こんなお料理を食べたい時もありますしね^^


私も以前は「身体に良いものを食べるべきだから」という思考で

某料理法を実践していました。


でも「これは体に良いのだろうか?」「有機だろうか?」

を気にしているうちに料理がおいしく感じられなくなりました。


顔が土色のような艶のない汚い色になってしまい

精神的にもイライラし始めたので、その料理法は辞めました。


今は食べたいものだけを食べていますし

その方が身体も心も喜んでいるように感じます。


自分自身を「身体」だけで考えれば健康食も良いのですが、

自分自身を「心」と「身体」という面で考えるのなら、


大切な人と楽しい食事の時間を過ごすこととか

忙しい時にストレスにならない簡単料理をするとか

そういった「食」以外の部分も大切ですよね


忙しい時に手間のかかる料理はストレスになりますし、

大切な人との食事の時に気にして楽しめなければ、

相手にだって伝わります。


それよりは「楽しく過ごす」事を大切にした方が

肌も綺麗になりますし心も満たされます


ストイックになるのではなく

継続できる事を楽しんで続ける

を大切にして下さいね。









0コメント

  • 1000 / 1000