低気圧が近づくとコーヒーの量が増える人へ

「低気圧が近づくと、コーヒーの量が増えるんです」

「9月に入ってから頭痛がして、だるいです」


そのようなご相談を受ける事が多い季節になりました。


いくつかの理由があるのですが、その1つに


 気圧が下がることによる脳内の血管が拡張


があります。

低気圧で気圧が下がることで、脳内の血管が拡張するため

血管の周りにある神経を刺激してしまい頭痛やだるさに繋がり

無意識に血管を収縮しようとしてコーヒーを飲む量が増えるのです。


身体がバランスを取ろうとしているんですね。


ですが、コーヒーが体質に合わないという方や

カフェインの過剰摂取で健康を損ねる事が不安な方には

ペパーミントティーをおススメします。



ペパーミントには、血管を収縮させる働きがあるので、

拍動性頭痛(脈拍に合わせてズキズキ痛むタイプの頭痛)

や片頭痛の症状を緩和させます。


私も以前はコーヒーをがぶ飲みしていたのですが、

ペパーミントティーを飲むようになってからは

コーヒーの量が減り低気圧でも動けるようになりました。


低気圧の時はにだるくなって動けないという方には、

ラベンダーオイルで首の後ろを軽くマッサージするのが

おススメです。

ラベンダーには自律神経調整作用がありますので、

ラベンダーでマッサージしたり、お風呂に数滴たらすと

とっても楽になりますよ


低気圧になると身体が言う事を聞いてくれない・・・

という方は是非、お試し下さいね。






存在美容術

―あなたに還ればすべてが輝く 自然美容・存在美容の専門家

0コメント

  • 1000 / 1000