【精神と心】嫌いな人にエネルギーを向けない

「嫌いな人がいて、どうしても頭から離れない」

「嫌いな人にされたことをリフレインしてしまう」


そんなご相談を多く受けるのですが、

私は嫌いな人を忘れるために


嫌いな人にエネルギーを向けない


という事をおススメします。

エネルギーを向けないってどういうことかというと、

自分の「意識」「世界」の中に相手を一切入れないということ。


・他の友達と悪口を言い続けない

・SNSでチェックしない


ということです。


失礼なことをされたその直後くらいまでは、

誰かに悪口を聞いてもらうのも発散になりますよね。

共感して欲しいですしね。


でも言い続ければ言い続けるほど、

嫌なことを思い出して意識を向けるほど、

嫌いなあの人との意識の回路」が繋がります。


そして「嫌いなあの人」の存在感は

どんどん自分の中で大きくなります


嫌いな人を意識すればするほど、

された嫌がらせをリフレインすればするほど、


自己肯定感、自己信頼感、自己価値、自尊感情が

どんどん下がっていくんですよね


なぜなら「嫌な思い出」が


過去に嫌なことをされることを許してしまった自分自身

その関係性に甘んじてしまった自分自身


を思い出させるから。


以前に書きましたが、

人間関係は自分との関係です。


許せないのは、嫌いなのは「相手」ではなく、

「それを許してしまった」自分自身なんですよね。




嫌いなあの人にエネルギーを向けないというのは、

傷ついた過去の自分自身を解放するということ。


嫌いなあの人にいつまでも力を持たせるのではなく、

嫌いなあの人に与えた力を自分自身に戻して、

嫌いなあの人に人生を左右されない力を持つこと


なのだと思います。


無駄に放出していたエネルギーと意識が自分に還れば、

もっと自分が輝き幸せになる為にエネルギーを使えます。


明け渡してしまっていた力とエネルギーを使って、

自分と自分の人生を大切にすること、

過去の自分よりずっと美しく幸せになっていくこと


それが一番、嫌いな相手を忘れる早道です。


関連記事はこちら

存在美容術ニュースレターのご登録はこちら

メールでできる美容術、レッスン情報を月1~4回程度配信しています。


0コメント

  • 1000 / 1000