【精神と心】心のブロックとの付き合い方

「心のブロック(=メンタルブロック)って外したほうが良いですか?」

「心のブロックを外さないとダメですか?」


というご相談を頂くことが多いので私自身の考えをお伝えします。


心のブロックがあっても生きていくことは出来るけれど、

心のブロックが少ない方が生きやすくなる。


というのが私の考えです。


そもそも、心のブロックってなんですか?

心のブロック・メンタルブロックとは、

行動に制限をかけているマイナスの思い込み・固定観念や

未来に必要のない機能不全になった考え方を言います。


マイナスの」というのがポイントで、

自分の人生に対して問題を起こしているわけではない

価値観・思い込み・考え方はブロックとは言いません。


例えば幼少期にたった1人の人に「ブス」と言われたせいで、


自分に自信を持つことが出来なかったり、

自分の行動に制限をかけてしまったり、

無意識に自分を下げるような行動を取ることは、

(自己卑下、自分を貶める行動、他人にNOを言えない)


「私はブス」とか「私には価値がない」という

心のブロックがあると言えますね。


心のブロックは外したほうが良いのでしょうか?

自分の人生と本心にズレも違和感も感じておらず、

「これが私の生き方!これが私!」と心から

満足しているのであれば問題ないのですが、


本当は、望んでいないのに嫌な立場に甘んじている。

本当は、望みがあるのにいつまでも叶えられない。


という事であれば外したほうが楽に生きることができます。


心のブロックを外すことで、

心からの望みとセルフイメージのギャップが小さくなり、

心の葛藤や現実への失望感が少なくなるため、

現実的に幸せに生きるための脳の回路が構築し直されるからです。


その結果、自然に意識が変わって行動が変化していくのです。


心のブロックは、どのように外していきますか?

心のブロックの中には自分の人格を守るために

存在するものもあるので注意が必要です。


そのため「理想の自分に成りたいから」と

むやみやたらに外してしまうと精神的混乱を招いたり、

自分という人格が分からなくなってしまうことがあります。


私がおススメしているのは、


人と対話をして自分の中の常識を刷新していくこと。

自分の思い込みに対して常に「それ、ホント?」と問い直す癖をつけること。


先述の例のように

「たった1人にブスと言われた」(事実)のならば、

「私がブスってホント?他の70億人は、そう思ってる?」

と問い直す。


1人に言われたこと=世間一般全てが思っていることではないですよね?


こうして軽いブロックならば簡単に外れていきます。


それでも自分を信じられないのならば、

自分の頭の中だけでグルグル考えるのではなく、

信頼できる人と対話して自分の中の思い込みをずらすこと


自分の中だけで対話するのは別の思い込みを生みやすく、

妄想の中に終始しやすくなるので危険です。


頑張り屋さんほど「自分の力で~」となりますが、

自分の中だけで出す答って今までとは変わらないんですよね。


自分の経験の中でしか答が生まれないから、

「気づいた」だけでブロックも外れていないんです。


「気づき」と「外れる」は別物ですからね。


もっと根源的な深い感情に根差したブロックの場合は、

プロの手を借りて1枚ずつ薄皮をはがすようにするのが良いですね。


焦っている時ほどまとめて外したくなりますが、

全部まとめて一気にしてしまうと、

恒常性(=元に戻ろうとする・変わらないで居ようとする力)によって

戻りたがってしまうのでかえって感情のふり幅が激しくなり、

心が疲弊することが多々あります。


心の砦を崩さないように丁寧に対話しながら、

感情を調整するアロマハーブを使って、

心に負荷をかけない方法で外していく方が

元に戻る事無く楽に変容できますよ。


心のブロックがない人は1人もいません。


「ある」ことをダメだと思うのではなく、

あるものを「ない」と思い込んで

自ら不自由に生きるのではなく、


外すべきものは上手に外して、

上手に人生を構築していきましょう。


その方が楽に生きることができますよ。



4月のレッスン・セッション受付可能日

4日、5日、6日、7日(7日は午後のみ)

9日、11日、13日、16日、21日

※3か月変容プログラムは4月は3名様のみ募集します。(4月16日以降のスタート)


存在美容術ニュースレターはこちら

メールでできる美容術、レッスン情報を月1~4回程度配信します。


0コメント

  • 1000 / 1000