【精神と心】それって、本当に自分を大切にしていますか?

「自分を大切にする」という言葉は

私だけでなく色々な方が伝えていますが、

たまに「意味をはき違えているのかな?」という方を

SNSなどでお見掛けします。


「自分を大切にする」って傍若無人にふるまったり、

誰かに迷惑を掛けて当然という態度を取ったり、

わざと他人を傷つけるような発言をすることではないですよね。

ハッキリ言って、これはただの自己中です。


他人に対して平気で迷惑を掛けられるのは、

上辺だけで大切にしているような気になっているか、

我慢の反動として極に触れているだけだと思います


本当の意味で自分を大切にしていると、

愛情・幸福感・思い遣りを司るホルモンが分泌されます。


自分自身は幸せな気持ちでいることが増えて、

他者に対する態度は慈愛と優しさに満ちて、

相手のことを慮ることができるようになります


表情は穏やかで温和になり、

顔からは険しさがなくなって、

雰囲気やオーラも円やかになっていきます。


日常的な満足感が高まっていくので、

心は穏やかで平和になっていきますし、

誰かの悪口で憂さ晴らししたり高圧的な態度や

喧嘩腰の口調になることはなくなっていきます。


愛情・幸福感・思い遣りを司るホルモンが分泌されることで、

むしろ社会性は高まっていくんですよね。


もちろん自己主張はちゃんとしますし、

元々の口調や語彙力、価値観もあるかと思いますが、

意図的に人を傷つけるような態度は取らなくなりますよね。


だから自然に周りから愛されて大切にされるのだと思います。


「自分を大切にする」って自分を幸せにすることです


自分の幸せ・自分の未来を自らぶち壊すような

態度や在り方は自然に正されていき、


自分の幸せ・自分の未来が輝いていくような

態度や在り方に自然となっていくと思うんですよね、

本当に自分を大切にしているのならば。


存在美容術が「幸せ矯正ベルト」と呼ばれるのは、

本当の意味で自分を大切にすることを覚えるからです。


自分を大切にしているはずなのに、

何かが違う?むしろ孤立している?と感じるのならば、

それは何かがずれているのだと思いますよ。


何かがずれたまま走っていく前に、

そろそろ本当の意味で自分を大切にしませんか?


世界が変わるのが感じられるはずですよ。


存在美容術:5月生募集しています※開始は随時


5月のグループレッスン開催はこちら

残席2となりました。


0コメント

  • 1000 / 1000