「自分を大切にする」とは、メリットや誰かのためにするのではない

このコラムでも「自分を大切にする」ということをお伝えしていますが、

豊かさを開花させるヨガ哲学:安田詔子さんが素敵な記事を

アップしていらっしゃったのでシェアしますね↓

自分を大切にする・大事にするって、

メリットや誰かのためにするのではないんですよね。


全ては自分のために行う。

全ては自分が心地よく豊かな気持ちで在るために行う


外付けの幸せで自己価値を図るのではなくて、

これをやったら得をするというメリットだけで動くのではなくて、


自分の内側にある幸せ・愛・豊かさという「快」を感じられるように、

「快」に満たされる至高の感覚で生きることができるように、

全ては自分が幸せで在るために行う


存在美容術のスキンケアプログラムもプロダクツも、

自分の内側にある幸せ・愛・豊かさを呼び覚まし、

至高の感覚で生きることができるように創っています。


それは外的印象を高めるためだけではないんですね。

スキンケアを通じて内的世界を調えていくことを大切にしています。


自分の内側にある幸せ・愛・豊かさを感じられるほどに、

自分が体験する現実も幸せ・愛・豊かさに満ちたものに成ります


自分の内側にある不足・欠乏・不満を感じるほどに、

自分が体験する現実も不足・欠乏・不満に満ちたものに成ります。


誰の目に映らない日であっても、

何もない成果のない普通の1日であっても、


鏡に映る自分自身に対して心から愛・誇り・信頼を持つ在り方をする。

鏡に映る自分自身に対して心から美しい・素敵と思えるようにする

※毎日、勝負服を着るのではなくてね


自分に対して日々取っている態度が、

自分の現実を創っているのです。



関連記事はこちら
肌運命を変えるクレンジング&洗顔術


0コメント

  • 1000 / 1000