ストレスとオーバーウェイトの関係

この半年くらい「激太り」についてのご相談が増えてきています。

※「激太り」とは、ある一定期間中に急激に太ることを指します。


激太りと言われる状態には幾つか原因があるのですが、


①更年期による代謝不良と筋力低下

②病気・障害による運動機能低下

③ストレス・不安・不満などのメンタルの問題


が大きいと思います。

①②は医療の範囲になるので医師と相談してくださいね。


今日は③のストレスについてお伝えします。


ストレスが原因で過食になっている場合や、

緊張状態による代謝不良が続いている場合、

ストレスの原因を断たない限り体重が減ることはありません。


激太りする前と後でどのような環境・心境の変化があったのか?

そのストレスの原因はなにか?

どうしたらストレスがなくなると思うのか?


丁寧に向き合って1つ1つストレスの種を消していく。

ストレスの原因が他人の言動ならば、


どうしたら、その人とうまくやっていけるのか?

うまくやっていくために自分が出来ることはなにか?


を考える。

これを繰り返していくことでストレスが軽減していきます。


ストレスがストレスたる理由は解決策がないと思っているから

永遠に続くと思うからストレスになるんですね。

解決できればストレスは減っていきます。


以前に結婚を機に太ったという方が

ハーブティーカウンセリングにいらっしゃいましたが、

カウンセリングを進めていくうちに本心が見えてきました。


ご本人の「専業主婦として家にいたい」という願望とは裏腹に、

本心は「社会と繋がっていたい。自分の力で稼ぎたい」という気持ちをお持ちでした。


ストレスを緩和し気力を高めるハーブティーを飲んで頂き、

久しぶりに社会に復帰を決めたところ、


スルスルと体重が落ちて元の体重に戻り、

女性としての自信や諦めていた未来も手にすることが出来ました。


ストレスの原因を見ないでダイエットハーブだけを飲んでも、

ストレスがある限りはずっと緊張状態が続いてしまいます。

これは体重だけでなく肌や全てのことに言えますよね。


どうしたら痩せるか?何をしたらよいか?も大切ですが、

まず自分が「何故今の状態になっているのか?」も同じくらいに大切です。



ハーブティーカウンセリングはこちら

存在美容術

―あなたに還ればすべてが輝く

0コメント

  • 1000 / 1000