「自信がない」という思い込み

最近、数年前の出来事を振り返っていて「自信がない」というのは

ただの思い込みに過ぎないではないか?と思いました。


その時は分からなかったけれど、今振り返ると

「自分に自信がない」って思い込んでいただけなのだとわかります。


本当は、出来たことも上手く行ったこともたくさんあるのに

そこを見ないで「出来なかったこと」にフォーカスし過ぎていたんですね。


周りの人は私の「出来ている」「自信がある」にフォーカスして

「全て出来ていて、自信がある健石ともこ」を私の中に見ていた。


私は「出来ていない」「自信がない」自分像にフォーカスして

「出来ていない、自信がない健石ともこ」を私の中に見ていた。


それだけです。

全部、ただの思い込み。

365日24時間「自信がない」という人っていないですよね?

多分1日のうちのほんの数分間とか、365日の中の数日間のはず。


それなのに「私は自分に自信がない」と思ってしまうのは、

ある1面だけを見て「私は自分に自信がない」と思い込んでいる

だけだと思うんですよね。


正確には「この件については、自信がない」であって、

「自分の人生何もかも、全体的に自信がない」ではないんですよね。


自分がフォーカスしているところ(思い込み)=自分にとっての現実(思い込み)


ですから、「自分に自信がない私」にフォーカスしていたから

自信を失うような出来事にしか目を向けられなかったのだと

今は分かります。


「すべてに於いて自分に自信がない」という人は「出来たこと」

「自信があること」にフォーカスしてみてくださいね。


体験できる現実が違うはずです。


0コメント

  • 1000 / 1000