「本音ブーム」に思うこと

最近は「本音を言う」「本音で生きる」という風潮がありますよね。

そのせいか、本音を通り越した奇天烈な意見を多く見かけるように感じます。


「俺の話を聞け!」みたいな(笑)


「本音を生きる」「本音を伝える」って自分の主義主張を

ぶつけて世間に知らしめる行為だけではなくて、


・感謝している相手に感謝を伝える

・悪いと思っているなら素直に謝る

・素敵と思った相手を素直にほめる

・大切な人を大切にする(言葉や行動で示す)


といったことも含まれると思うんですよね。


そういった小さなことの積み重ねが「本音の人生」として

人生に反映されて、その人の人生を創っていくわけです。


感謝している相手に感謝も伝えずに、

大切な人を蔑ろにして大切にしないで放置すれば、


相手だって「ああ、この人は自分を見ていないんだな」

と心が離れていくのは当然ですよね。


それを「心の中では感謝しているし大事に思っている」なんて

通用しないですよね、相手がエスパーでもない限り(笑)。


逆にきちんと気持ちを伝えていれば、

相手も「ああ、自分を大切に思ってくれてるんだな」

と信頼が生まれて心の距離が縮まります。


一見すると地味な積み重ねですが、

そういうことを無視して「本音」も何もないですね。


自分の気持ちをきちんと伝えてこその「本音の人生」だと思います。






0コメント

  • 1000 / 1000