満月:今夜から始める秋の肌を美しく輝かせるための美容法

9月6日(水)は、満月ですね。

満月は「満ちる」「吸収」の時期。


今夜~満月までの間は、

肌と心は、良いものも悪いものも

吸収しやすく繊細になっています。


なので、いつもよりも大切にケアしましょうね。


9月:満月のケアのポイントは、


①いつも以上に肌と心を丁寧に繊細に扱う

②朝晩の寒暖差に向けて心身のバランスを整えるハーブを使う


の2点。詳しい方法は以下の通りです↓

いつも以上に肌を丁寧に繊細に扱う

【この時期の肌と心の特徴】

8月の寒暖差と、夏の日差しで

肌は疲れています。


そのため、

クレンジング&洗顔は「とにかく優しく」。


手のひら全体を使って、

力を入れずに優しく撫でましょう。


【肌は、ローションやオイルなどを吸収しやすくなる】


この時期の肌は吸収しやすくなっています。

そのため、ローションパックをすると、

いつも以上に肌がふっくらとしてきます。


※目安は肌に手のひらが吸い付いて

モチモチするくらい付けましょう


そして、ローション後の

クリームやオイルはいつもの

1,5倍~2倍付けましょう。


※9月の目安は「肌に残る」くらい。

吸い込んだら付け直す、を繰り返します。

何回も付け直して「クリームパック」しましょう。


このケアを2日間続けると、

満月明けの肌艶が美しくなりますよ。


【心は、感受性が強くなり色々なものを吸収しやすくなる】 

この時期の心は、感受性が強くなり、

いつも以上に色々な言葉や感情を

無意識にキャッチしやすくなります。 


そのため、スキンケアの時に

いつも以上に優しく繊細に

自分の肌に触れながら 


 「自分が最も大切な人にかけて欲しい言葉


を自分自身にかけましょう。

肌本来の美しくなる力が高まって、

肌が艶々になり、リフトアップしますよ。


朝晩の寒暖差に向けて心身のバランスを整えるハーブを使う

 【身体は、エネルギーを充電するとき】 

 この時期の身体は「吸収」の時期のため、

デトックスには向きません。


心を満たす時間、安心できる時間


を1日の終わりにとるようにすると、

心身ともにエネルギーが

充電されて満たされてきます。 


9月の満月におすすめのハーブは、

ラベンダーとジャスミンティー。

(どちらかでもOK)


この時期に乱れがちな

自律神経を整えることで、

ホルモンバランスを整え、

自信と安心感をもたらします。


夏で疲れてしまった心身が

ゆっくりとパワーで満ちていくのを

感じることができるでしょう。

以上のケアを今夜(又は明日から)

満月まで続けると、

肌・心・身体の回復力が

いつも以上に高まります。


 肌と心は、繋がっています。

 

 肌だけでなく、

心を一緒にケアすることで、 

肌が本来持っている


自ら美しくなろうとする力


を発揮しやすくなり、

秋の肌が底上げされますよ。


 今夜から、是非、お試しくださいね。


存在美容術ニュースレターのご登録はこちら 

 ・メールでできる美容術      

・レッスン情報

 等をお届けしております。


0コメント

  • 1000 / 1000