自分を大切にするということは、黒を白に戻すインパクトがある

今年は「生と死」を司る蠍座に木星が入っていた影響か、

病気や事故で生き方の見直しを掛けることになった方が多かったように感じます。


ずっと健康だった人が病気になるって、

ものすごくショックなことですよね。


以前、知人で大病をされた方がいらっしゃいました。


病気になった時はとてもショックだったそうですが、

生き方・在り方・人生そのものを見直し、

「理想の人生」を自分にプレゼントすることにしたそうです。


中々できなかったネイルアートをして、

ずっと学びたかったメイクを学んで綺麗になり、

着たくても躊躇していた女性らしいファッションをして、


自分を綺麗にしていくうちに「すごく大切にされている」と

何とも言えない喜びが心の中に芽生えていきました。


時間の許す限りは自分の心が喜ぶことを毎日して

「小さな満足」「綺麗な私でいること」で心を満たしたそうです。

※その方の病気の治療が始まると髪も肌もボロボロになってしまうのです


すると、しばらくして病巣が消滅して手術の必要がなくなったそうです。


今は定期的に病院で検査をしているようですが、

今のところは再発はしていないとか。


病気になる時、身体が動かなくなる時、トラブルが起きる時って、

自分を大切にして自分の本当の望みを叶える時なのだと思います。


彼女の場合は諦めていた「綺麗でキラキラ輝く私でいる」という

本当の望みを叶えることで病気に打ち勝つエネルギーが生まれました。


小さいことだけれど仕事や家事で後回しにしていたことをすることで、

エネルギーが生まれてお医者さんが驚くほど回復し、

「病気」という言葉に心を支配されることなく、

今は好きなことを仕事にして幸せに生きているそうです。


自分を大切にするということは、

人の中に眠っているエネルギーを呼び覚まして、

大きな奇跡を生む事だと思います


黒が白にひっくり返ることくらいに、

大きなインパクトを人生に残すんですよね。


病気や辛い時ほど「自分を大切にする」ことで生まれるパワーを使いましょう。

自らを幸せにするエネルギー・パワーが目覚めるはずですよ。


関連記事はこちら

11月29日開催:存在美容術1DAYレッスン

0コメント

  • 1000 / 1000